追悼ホイットニー・ヒューストン 日本人が好きな洋楽アーチストベスト20☆スマステ 2月18日vol.1

nm_whitney_houston_090227_ssv.jpg

2月18日のテレビ朝日系『sma STATION!!(スマステーション)』で、日本全国10代~60代1,000人にアンケートを実施。
好きな洋楽アーチストランキングを20位まで集計していました。 ※調査協力:マクロミル

20位:WHAM(ワム)
19位:ABBA(アバ)
18位:CYNDI  LAUPER(シンディ・ローパー)
17位:QUEEN(クイーン) 
16位:AVRIL  LAVIGNE(アブリル・ラヴィーン)
15位:OLIVIA  NEWTON-JOHN(オリヴィア・ニュートン・ジョン) 
14位:BACKSTREET  BOYS(バックストリート・ボーイズ) 
13位:CELINE  DION(セリーヌ・ディオン) 
12位:OASIS(オアシス) 
11位:SIMON&GARFUNKEL(サイモン&ガーファンクル) 
10位:AEROSMITH(エアロスミス)
9位:BILLY  JOEL(ビリー・ジョエル)
8位:BON  JOVI(ボン・ジョヴィ) 
7位:WHITNEY  HOUSTON(ホイットニー・ヒューストン)
6位:STEVIE  WONDER(スティーヴィー・ワンダー)
5位:MARIAH  CAREY(マライア・キャリー)
4位:MADONNA(マドンナ)
3位:MICHAEL  JACKSON(マイケル・ジャクソン)
2位:LADY  GAGA(レディー・ガガ)
1位:BEATLES(ビートルズ)

レディー・ガガの2位はスゴイですネ!
各アーチストの代表作はvol.2で紹介します。

さて、7位のホイットニー・ヒューストンが2012年2月11日、世界中のファンを魅了した歌姫が逝ってしまいました。
死因は不明とのことですが残念でならないですね。。。


<以下ウィキペディアより>
カリフォルニア州ビバリーヒルズにあるビバリーヒルトン・ホテル4階客室の浴槽の中に倒れていたところを発見され、救急隊が20分間にわたって蘇生処置を施したが、同日午後3時55分(現地時間)に死亡が確認された。48歳没。ホイットニーはグラミー賞の授賞式を翌日に控え、クライヴ・デイヴィスが主催する恒例の前夜パーティに参加するために同ホテルに滞在していた。死亡に至る前の数日間、ひどく疲れた様子だったという報道もあるが、死因は明らかにされていない。2012年8月に公開される映画「スパークル」が演劇作品としての遺作となった。

【デビュー・絶頂期】
10代の頃にモデルとして活動したり、チャカ・カーンらのバックボーカルを務めるなどして頭角を現した。1983年に敏腕プロデューサーのクライブ・デイヴィスのにとまり、アリスタ・レコードと契約した。翌年にはテディ・ペンダーグラスとのデュエット曲がヒットした。1985年にデビューアルバム「ホイットニー・ヒューストン」をリリースし、いきなり爆発的人気を獲得した。2作目のシングル「セービング・オール・マイ・ラヴ・フォー・ユー」から7曲連続で全米シングルチャート1位の記録を打ち立てた。この記録はビートルズの6曲連続を超える新記録であり、2012年現在いまだに破られていない。

●マイケル・ジャクソンの実兄 ジャーメイン・ジャクソンとの素晴らしいデュエットを2曲♪
■Nobody  Loves Me Like You Do(1984)


この頃のホイットニーは、モデルもやっていた名残かとても綺麗ですネ!

日本の代表的なデュエット曲「 ロンリーチャップリン」に対し、盗作疑惑が絶えない名曲♪ 発表はこちらが先です。
■Take  Good  Care  Of  My  Heart(1984)



1991年の第25回スーパーボウルでアメリカ合衆国の国歌斉唱を披露。これは後に語り継がれる名演となり、シングルとしても発売された。この歌唱は10年後にアメリカ同時多発テロ事件のチャリティとして再リリースされヒットしている。

1992年、ケビン・コスナーと共演した初主演映画「ボディ・ガード」が公開され、大成功を収めた。彼女の新曲6曲を収録したサウンドトラックは全世界で4,200万枚を売り上げ、日本でも当時洋楽史上最高の280万枚を売り上げる驚異的なヒットとなった。カントリー歌手のドリー・パ^トンのヒット曲をカバーした主題歌「オールウェイズ・ラブ・ユー」は全米シングルチャートで14週連続No.1を記録する自身最大のヒット曲になった。
同年R&B歌手のボビー・ブラウンと結婚。翌年には一人娘ボビー・クリスティナ・ヒューストン・ブラウンを出産した。

その後も主演映画「ため息つかせて」(1995年)、「天使の贈り物」(1996年)が公開される。「ボディガード」には及ばないものの成功を収め、サウンドトラックもヒットした。

1998年、オリジナルアルバムとしては実に7年ぶりとなる「マイ・ラブ・イズ・ユア・ラブ」をリリース。翌年にはヴィーエイチワン・ディバス・ライブ 99に出演して高評価を得るなど、再び歌手活動を本格化させた。
2000年以降は大麻所持で拘束されたり、2004年には離婚したいりと、最近ではお騒がせの話題が続いいていた。

デビューしてからの総売上枚数は、なんと1億7,000万枚を突破!

【ホイットニー・ヒューストン代表作(スマステで紹介された動画)】
■You  Give  Good  Love(1984)


■Saving  All  My  Love  For  You(1984)


■Greatest  Love  Of   All
(1984)



■How  Will  I  Know
(1987)


The  National  Anthem  of  the  United  States(1991)

■I  Will  Always  Love  You(1992)


■Million  Dollar  Bill(2009)




ザ・グレイテスト・ヒッツ

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック