サブウェイ(SUBWAY)でダイエット☆がっちりマンデー 10月23日

s-Fotolia_22318634_XS.jpg
© Salazar - Fotolia.com

タニタ食堂のレシピによるダイエットも、だいぶ定着してきたようですネ!


ところで、最近の食べても痩せるダイエットをまとめると・・・
1.カロリーを1日1500kcal程度におさえる。(各レシピ共通)
  ※余分なカロリーをおさえるために、オーブントースター等の調理器が活躍しています。
   (タニタレシピ等)

2.タンパク質、脂質、糖質(炭水化物)(PFC)をバランス良く摂取する。
  タンパク質13 脂質27 糖質60(農水省推奨)(タニタオフィシャルサイトでも紹介)
  タンパク質80 脂質20(吉川メソッド
  ※いろいろな考え方があるようですが、各人の活動量(ハードに筋トレするしない)や
   年齢も加味する必要がありそうです。

3.よく噛んで(30回以上)食べる。
  さらに食事の前に10分間ガムを噛むという行為で、脳内に『ヒスタミン』という
  食欲コントロール物質が発生し、満腹中枢が刺激されて食べ過ぎをおさえられる。
  また、『ヒスタミン』は交感神経刺激し、その信号が内臓脂肪に届いて内臓脂肪を
  減らす働きがあるとか・・・(9月28日 NHKガッテンコラボより)
  
  『ヒスタミン』とは・・・ガッテンコラボオフィシャルサイトより 


特に最近は、この『噛むという行為が非常に重要とされていますネ!
タニタ食堂レシピも噛みごたえがあるように、食材を大きくカットする等の工夫がありました。


今回は、10月23日のがっちりマンデー!!(TBS系)で取り上げられた、サブウェイでのダイエット動画を紹介しまっす!
意外と?といっては叱られますが、かなりカロリーやバランスが吟味されているんですネ。


サブウェイダイエット成功で話題の人は、アメリカ人のJared Fogleさん。
朝はコーヒーのみで、昼夜の2食をサブウェイ食にすることを実践し、100kg以上の減量に成功!
今やサブウェイの看板に使用されるほど、貴重な広告塔だとか・・・


サブウェイダイエット方  ※痩せたJared Fogleさんが出ています。 


日本のサブウェイメニュー(一部)
s-subway menu

なんと、このボリュームで300kcal前後なんですね(*。*)
これをよ~く噛んで食べれば、相当満腹感が得られるでしょう!

塩こうじベジバーグ(311kal)を食べてみました。
このボリューム感でこのカロリーは凄い!
shiokouji.jpg



サブウェイ・オフィシャルサイト

s-subway logo


『トレンド情報紹介ブログ』 掲載商品一覧

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック