炭水化物摂取ダイエット(炭水化物を食べるダイエット)とは?☆世界一受けたい授業 2015年7月25日

s-carbohydrate diet pic 
出典: dailymail.co.uk

2015年7月25日の日本テレビ系・世界一受けたい授業の番組内で、『炭水化物摂取ダイエット』が紹介してくれました。
紹介してくれたのは、京都大学で抜群の人気を誇る肥満研究の権威・森谷敏夫(もりたにとしお)先生(65歳)
s-carbohydrate diet2      
©ntv
アメリカの学会でも認められている常識を覆す『炭水化物を食べるダイエット法』とは、今、ライザップ等の食事療法でもブームになっている糖質カットを目的とした炭水化物を抜くダイエット法ではなく、あえて炭水化物を摂る(炭水化物を食べて痩せる)ダイエット法のこと。
s-carbohydrate diet3 
©ntv
「炭水化物を食べないと(体重)がすぐ落ちていくんですけど、脳が働かないんです。炭水化物を食べたら、バッカバッカ笑いが来るようになって・・・(笑)」(有田哲平さん)
「炭水化物を抜いて痩せたのは、脂肪ではなく体の中の水分が減っただけです。」(森谷先生)
s-carbohydrate diet4
©ntv


《そもそも炭水化物が身体にとって重要な訳とは?》
炭水化物に含まれる糖質が、脳を動かす唯一のエネルギーだから。
1日2,000kcalを摂る場合、その2割に相当する400kcalが脳のエネルギーとして使われます。つまり、おにぎりに換算すると1日で約2.5個は絶対に脳に必要。
s-carbohydrate diet5  s-carbohydrate diet6  
©ntv
その糖質は4倍の水分と結合し、グリコーゲンとして体中の筋肉の一部になり貯蔵される。よって、筋肉はみずみずしい。
s-carbohydrate diet7  s-carbohydrate diet8  
©ntv
s-carbohydrate diet9 
©ntv
炭水化物を抜くダイエットを行うと、脳を動かす糖質が不足してしまうため肝臓にある糖質を使う。 
s-carbohydrate diet91
©ntv
ただし、肝臓に蓄えられている糖質はすぐになくなるため、筋肉のグリコーゲンを『水と糖質』に分解し、脳のエネルギーとして使ってしまうことになる。
s-carbohydrate diet92  
©ntv


《炭水化物抜きダイエットの落とし穴》
「炭水化物を抜いてダイエットすると、体重は劇的に落ちます。しかし、それは筋肉のグリコーゲンが分解して、水分が身体から出ていくからなんです。その後、たまに炭水化物を沢山食べると糖質が4倍の水と結合するので、体重が劇的に重くなります。そういうことを繰り返しているから、ご飯を食べると太る、ご飯を抜くと痩せる・・・という経験をしているんです。」(森谷先生)
s-carbohydrate diet93  s-carbohydrate diet94  
©ntv
s-carbohydrate diet95  s-carbohydrate diet96  
©ntv
s-carbohydrate diet99 
©ntv
「京大の女子学生が、今、脳に栄養がないから授業中に爆睡していたりするんです。」(森谷先生)
「集中力全然なくて、セリフが全然覚えられなくて・・・」(炭水化物・脂質完全抜き筋トレダイエットで10kg痩せた俳優の大野拓朗さん)
「炭水化物を抜いて2、3kg痩せたと思っていても、それは(体内の水分が減っただけの)『水の泡ダイエット』なんです。」
「炭水化物抜きダイエットを続けていると、筋肉がだんだんやせ細ってきます。そうすると、体重は減るけれども脂肪は相対的に増えているので、いわゆる『隠れ肥満』という状況になります。」(森谷先生)

■高炭水化物と低炭水化物を20年間続けるとどんな差が?
死(癌(がん)・心疾患などの発症)のリスク
低炭水化物中心の食生活の男性で1.5倍、女性で1.35倍にもなるという実験結果が・・・
s-carbohydrate diet991 
©ntv
「炭水化物をしっかりと摂っていると、脂肪やタンパク質を摂り過ぎなくて済みます。逆に炭水化物を摂ることが少ないと、多めの脂肪とタンパク質を摂ってしまうことになります。そういう食生活を続けていると、隠れ肥満になったり癌(がん)になりやすくなったりします。」(森谷先生)
ちなみに、隠れ肥満は身体の『足首』を見ればわかるという。足首には多くの筋肉が無い分、重力の影響で足首の周りの筋肉が下へ引っ張られるためそこだけ太くなりやすいそう。


《炭水化物摂取ダイエットの炭水化物量の目安(ビジュアル)》
毎食のエネルギーの約60%が目安。
■ごはんの場合
s-carbohydrate diet992 
©ntv
■パンの場合
s-carbohydrate diet993 
©ntv


《炭水化物抜きダイエットの効果検証》
同じカロリー摂取で、炭水化物が多い食事と少ない食事で、どちらがカロリーを多く消費するかの実験を行った。
条件を同じにするために、双子の俳優の高木万平さん(兄)と心平さん(弟)が被験者として協力。
現在も二人で暮らし、生活リズムもほぼ同じという。
s-carbohydrate diet994 
©ntv
それぞれに摂った食事内容。総カロリーは同じ。
s-carbohydrate diet995 
©ntv
※食事の内容、例えばハンバーグはチキンを材料にするか脂肪分多めの合い挽き肉するか等で違いをもたせている。

■食後のそれぞれの体温の変化
カロリーを消費している場合、身体の熱が上がる。
1.食直後
二人の体温はほぼ同じ。
s-carbohydrate diet996 
©ntv
2.食後15分後~30分後
s-carbohydrate diet997 s-carbohydrate diet998  
©ntv
ほとんど変化のなかった心平さんに対し、炭水化物を多く食べた万平さんの方が、食後15分あたりから体温が上昇していることが証明された。
「炭水化物は発熱しやすいんです。皆さんがご飯食べた後にポカポカ感じるのは、炭水化物を分解したり輸送したりすることにエネルギーを使うから。炭水化物=燃えやすいから身体に残らない=痩せやすいということになるんです。」(森谷先生)


《炭水化物摂取ダイエットに加えて効果的な運動は?》
「何気ない日常での活動。こういう動作のことをNEAT(ニート)といいます。ニートとは、Non Exercise Activity Thermogenesis(ノン・エクササイズ・アクティビティ・サーモジェネシス)のこと。
s-carbohydrate diet999   
©ntv
運動という運動ではないが、立ったり座ったり、日常の動作に伴う総エネルギー量は凄く大きいんです。座る姿勢と立つ姿勢では立つ姿勢の方が20%も余分にカロリーを使うんです。例えば、歩くという動作は重い身体を移動させるわけです。座っているような安静時の300%も余分にエネルギーを使います。誰でも日常の動作で(1日に消費する)40%くらいはカロリーを消費しています。」(森谷先生)
s-carbohydrate diet9991  s-carbohydrate diet9992  
©ntv
s-carbohydrate diet9993 
©ntv
「少しでも無駄に動いて、無駄肉無くそうです!」(森谷先生)

2ヶ月等の短期ダイエットテッパンの、痩せる=糖質カットに一石を投じた内容です。
短期での筋トレダイエット+糖質カットも極端に行うマイナスがありそうですネ。
リバウンド対策含め、健康面も考慮した、長い目で見てのダイエットには何が必要か?の観点が重要だと教えてくれました。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック