りょんりょん先生式『どんな歌でもすぐにうまくなる!カラオケ魔法のテクニック』で歌う「Let It Go~ありのままで~」☆金スマ 2014年7月18日

2014年7月18日のTBS系・金スマの番組内で、アナと雪の女王の日本語版英語主題歌(Let It Go~ありのままで~)を歌うMay J.さんをはじめ多くの有名アーティストのボイストレーナーをされているりょんりょん先生こと佐藤涼子さんが『どんな歌もすぐうまくなる!カラオケ魔法のテクニック』を紹介してくれました。

このテクニックをマスターすればカラオケで絶賛されること間違いなし!?
どんな歌でもすぐに使える魔法のテクニック。

【オタケビ発声法】
りょんりょん先生オリジナルの発声練習。
裏声で歌う前に10回ほど行うと、低音から高音まで幅広く出せるようになる。
上下に口を大きく開けながら「オーオォッ」と叫ぶ。
s-ryonryon1_201407191413476fc.jpg  
©TBS
■オタケビ発声法動画 



【Let It Go~ありのままで~を例にどんな歌でもうまく歌う魔法のテクニック】
May J.さんが歌う「Let It Go~ありのままで~(日本語)」

May J.さんが歌うドラマ・同窓生~人は、三度、恋をする~の挿入歌♪「本当の恋」

■Aメロ(歌い出し)のポイント

①か行の滑舌に気をつける
か行の歌詞を発音するとき、か行の言葉の前に小さい『っ』を入れて発音するとキレイな高音を保てる。
かきくけこ →っかぁ っきぃ っくぅ っけぇ っこぉ 
(例)
高く→たっかく 寒く→さむっく
②曲のうねりをしっかり出す
「心の揺れって言うか、息のスピードの揺れを一緒に演じていくようにします。」(りょんりょん先生)
♪風~が~心に~ささやくの~このままじゃ~ダメなんだと~♪

■Bメロのポイント
①決意が伝わるアクセント
♪とまぁどい~きずぅつぅき~れにも打ち明けけぇ~ずぅに  やんでぇた それももう めよう♪ 歌詞を強調することで強い決意を感じさせることが出来る。
②な行の前に小さい『ん』を、や行の前には小さい『い』を入れる
(例)
悩んでた→悩んでた やめよう→やめよう
こうすることでキレイに歌うことが出来る。

■サビのポイント
①口は開けたまま
「ココで大事なのは口を開けたまま歌詞を切ります。」
「(その都度口を閉じると)聴いている人の気持ちが切れちゃうのでうっとりしないんですね。」(りょんりょん先生)
②高音の時は上の歯を出して歌う
高音の歌を歌う時は上の歯を出して歌うと高音が出やすくなる。


【魔法のテクニックで歌う Let It Go~ありのままで~】
■Aメロ
降り始めぇたぁ雪ぃは 足跡 消して                  ※女優になりきる
真っ白なせかいに ひとりのわたし~               ※女優になりきる
風がっ心にささやくのぉ~ っこのままじゃ ダメなんだとぉ~  ※歌にうねりを~~~~~~
■Bメロ
とまどい っきずつき
にも 打ち明けずに         ※だれを強く発音
悩んでた それはもううぉ~       ※んを入れて、なやんでを強く発音
やめよううぉ~         ※い入れてやめようを強く発音
■サビ
ありの~ ままのぉ~ 姿見せるのよ~                ※口を開けたまま
ありの~ ままのぉ~ 自分にぃなぁるぅのぉ~          ※口を開けたまま
なにぃもぉ っ怖くぅなぁい~ っ風よ~吹ぅけ~    ※上の歯を出して
少しも寒くないわ

冷たく大地を包みぃ込みぃ~                                ※息継ぎを早く
く舞い上がる想い描いてぇ~           ※息継ぎを早く
花咲氷の結晶のようにぃ~             ※息継ぎを早く
輝いていたい もう決めたのぉ~         ※息継ぎを早く
■サビ
これでいいのぉ 自分を好きになってぇ~          ※口を開けたまま
これでいいのぉ 自分を信じてぇ~             ※口を開けたまま
かりあびなぁっがぁらぁ~ 歩きだそう~  ※上の歯を出して
少ぉしも寒くないわぁ

■りょんりょん先生の著書

驚くほど声がよくなる! 歌が上手くなる! カリスマトレーナーりょんりょんのボイストレーニング(DVD付き) ([バラエティ])


この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック