渡辺徹さんが実践するゴムトレーニング器具・楽体(らくだ)エクササイズでダイエット!☆にじいろジーン 2013年10月5日

s-woman arms extended  
©Louise Chang

2013年10月5日のフジテレビ系・にじいろジーンの番組の『ぐっさんを連れて行くならのこんなトコ!』のコーナーで、渡辺徹さんが130kgから80kgまで痩せ、現在も80kgをキープするために行っているエクササイズが紹介されました。

■渡辺徹さんの体型変化
左から69kg(デビュー当時)→130kg(1989年頃?)→80kg(今回のにじいろジーン出演時)
toru watanabe before after after 
このエクササイズを考案されたのは渡辺徹さんが10年以上通うハルスポーツ(東京都・千代田区)の代表・ハル常住氏(58歳)。
元々プロゴルファーだったハル氏はその経験を活かし、現在は一流アスリートから一般の方々まで数多くの生徒を指導しているそう。プロゴルファーの丸山茂樹さんや元プロサッカー選手の中田英寿さんも通われているとか。
「体のあらゆることに関する大師匠!ハルさんにいろいろお世話になって健康を保てているんです。」(渡辺徹さん)

ハル常住氏は『姿勢』がとても重要だと力説されます。 
中でも肩甲骨を中心に動かすことを非常に重要視されていることがわかります。

追記:ソチ五輪スノーボード女子パラレル大回転で見事銀メダルに輝いた竹内智香さんも、ハルメソッドを10年以上前から実践されているようです。
※競技の時も首に巻いておられました。
tomoka takeuchi rakuda1 

<参考>
GETTAMAN(ゲッタマン体操)・肩を動かすだけのストレッチで痩せる手抜きダイエットのやり方・効果☆スタードラフト会議 2012年年7月31日
【肩甲骨と肩甲骨の間に存在する褐色脂肪細胞とは?】
(2013年1月29日テレビ東京系・L4YOUで紹介)
人の脂肪細胞には2種類ある。
一つは白色脂肪細胞で、脂肪をため込む性質がある。
もう一つが褐色脂肪細胞で、脂肪を燃焼しエネルギーに変える性質があるという。
「褐色脂肪細胞というのは、ミトコンドリアという細胞小器官が非常に豊富です。白色脂肪細胞に比べて1000倍あると言われているもので、要するにエネルギーの発電所みたいな働きを持っています。」
「あかちゃんは褐色脂肪細胞が多いと言われていて、成人では首周り、肩甲骨周辺や脇の下とかに分布しています。」(ウエルネスササキクリニック・医学博士 佐々木 巌氏)
s-GETTAMAN L4YOU1 s-GETTAMAN L4YOU3         
「褐色脂肪細胞(ダイエット細胞)が活性化すると、脂肪燃焼効果が一気に上がってきます。」
「肩甲骨の位置を正常に元に戻すことがダイエットのポイントです。」(ゲッタマン先生)

(2012年7月31日日本テレビ系・スタードラフト会議で紹介)
 ■一般の肩甲骨
肩甲骨とその周りの筋肉をなめらかに動かすとダイエット細胞(褐色脂肪細胞)が十分に刺激される。
※黄色の部分がダイエット細胞(褐色脂肪細胞)
s-star draft gettaman2    
■猫背の肩甲骨
肩甲骨が広がった状態で筋肉が固まり、ダイエット細胞が刺激されにくくなる。   
s-star draft gettaman3



【ハル常住氏考案のゴムチューブ・楽体(らくだ)を使った肩甲骨を刺激するエクササイズ等】
「これを毎朝使って(エクササイズを)やっています!」(渡辺徹さん)
パンティストッキングを使って代用することも可能。

■ハルメソッドでは何故ゴムチューブ(楽体)を使うのか?動画



■羽ばたき運動
筋肉量が多い肩甲骨周りを動かすことで、効率の良い脂肪燃焼効果が期待できる。
①楽体(らくだ)もしくはパンティストッキングを両手のひらに巻き付けるように持ち、首の後ろを通るように左右に地面から平行に広げ前後に小刻みに動かず。
「(この動きが)肩甲骨を横に動かしていることになるんです。」(ハル常住氏)
「鳥の羽のように後ろに(大きく)広げて動かすんです。肩甲骨を動かすと一番脂肪が燃えやすいので、今の運動をしただけでもう汗が出てきます。」(渡辺徹さん)
※目安は前後の動きを10回行う。
s-haru exercise1  
■肩回し運動
楽体(らくだ)もしくはパンティストッキングを両手のひらに巻き付け、首の後ろの付け根あたりを左右に通るように腕を広げ、背泳ぎのように腕を後ろ回転で回す。肩甲骨のストレッチになる。クロールのように反対の回転(前回転)でも回す。
毎日10回程度を目安に行う。
<ポイント>
「首の後ろに当たらないように出来れば一番いいんです。」(ハル常住氏)
s-haru exercise2  
■お腹ひねり運動
腰を落とし上半身をひねることで腹筋を鍛える。
①立った姿勢から両脚を肩幅より広く広げ、ヒザを軽く曲げる
②両手のひらに巻き付けた楽体(らくだ)もしくはパンティストッキングを体の裏側(背中)に当たるようにし、片腕ずつ楽体を横にひっぱるように左右交互に出し入れ(上半身だけをひねるように)する。
※1セット30回ほど行う。
「これが簡単にできるようになったら、ぐっさんの体もすごいこと(腹筋ボコボコ)になりますよ。」(ハル常住氏)
s-haru exercise3 s-haru exercise4    
細かな動きの感じは下記ハルエクササイズ動画から確認できます。

2013年1月21日の日本テレビ系・しゃべくり007の番組内で、女優の水川あさみさんも楽体を愛用されていると紹介されていました。
asami mizukawa rakuda1  

■羽ばたき運動と肩回し運動はこちらの動画で確認できます

■羽ばたき運動(上記動画と同じ)とお腹ひねり運動はこちらの動画から
※お腹ひねり運動は34秒あたりから確認できます


これなら場所も選ばず、続けられそうです。
ハル常住氏は、ゲッタマン体操の考え方と同じく肩甲骨周りを刺激し、姿勢を正しく保つことがダイエットにはとても重要であると教えてくれました。
2008年11月20日のTBS系・はなまるマーケットの番組内でも、渡辺徹さんが楽体エクササイズで14kg(著書では2ヶ月で12kg)痩せたことが紹介され、楽体(らくだ)が一時品切れになるなど大きな話題を集めました。
2012年5月18日には心臓の冠状動脈が詰まる虚血性心疾患の手術を行った渡辺徹さん。
心臓手術後の体にも負担なく、ダイエット効果が間違いないので5年経った今でも継続され、テレビで再び紹介することになったんでしょうネ。
 
<ハル常住氏の個人レッスン料>
1人60分 6,000円
グループレッスン(2人~)60分 2,500円
ハルスポーツオフィシャルサイト

番組で紹介されたグッズ・楽体(らくだ)はこちら  ※反響が大きく放送終了後に注文が殺到しているようです。
今のところ数日ほど待てば手に入るようです。
本を買われた人向けに、1,000円安いDVD無し版(3,990円)もあります。

楽体(らくだ) RAKUDA


伸ばすだけ! 楽体(らくだ)リングで姿勢矯正ダイエット 【楽体リング付き】 (TJMOOK)


1日6分 痩せる体をつくる楽体(らくだ)エクササイズ (ディスカヴァー携書)

楽天はこちらから

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック