美肌になるにはコラーゲンを1週間おきにとるのが正解!☆カスペ・間違いだらけの健康ジョーシキ 2013年8月20日

2013年8月20日のフジテレビ系・カスペ!間違いだらけの健康ジョーシキの番組内で、コラーゲンの摂り方によるお肌の変化を実験し、新たな新ジョーシキが発表されました。

その新ジョーシキの提唱者は、内科医の伊藤まゆ先生(M'sクリニック南麻布院長)
コラーゲンの摂り方の違いが美肌にどう影響するのかを、元双子アイドルのリリーズのお二人が被験者になって証明してくれました。

【コラーゲン摂取タイミングの違いによる美肌の差を検証する実験ルール】
①コラーゲンを摂るインターバルに違いを設ける。
・姉・奈緒美さんは1週間おきにコラーゲンを毎日1ヶ月間摂取する。
※1週目は毎日摂る。2週目は摂らない。3週目は摂る。4週目は摂らない。
・妹・真由美さんはコラーゲンを毎日1ヶ月間摂取する。
②コラーゲンの摂取量は1日5,000mg。
つまり姉の奈緒美さんは1ヶ月間で70,000mg摂取し、妹の真由美さんはその倍の140,000mg摂取することになる。

【実験の結果】
■2人のコラーゲン数値の1週目~4週目の変化(伸び率) ※赤い線が姉・奈緒美さん、青い線が妹・真由美さん
薄い緑の網掛けが姉・奈緒美さんがコラーゲン摂取を止めている週
s-kasupe1308202.jpg  
明らかに姉の奈緒美さんの数値が良くなっています。

■姉・奈緒美さん 目元のコラーゲン密度の変化
s-kasupe1308205.jpg 
コラーゲンの密度を表すスコアが61から91へと最高の100近くまで上昇した。

■2人のお肌のキメの変化
s-kasupe1308203.jpg s-kasupe1308204.jpg  
2人のお肌のキメを表すスコアは、最終的に10以上開いた。

「1回食べてそれがそのまま効いて終わりではない。刺激をして休んでも刺激をしたことがきっかけとなり、そのままか発になっている可能性がありと考えられます。」(伊藤まゆ先生)
1度繊維芽細胞に刺激を与えると、その後しばらくはコラーゲンは元気になるという。

これは大発見ですネ!
経済的に見ても助かるし、苦痛も緩和されると思うので、多くの人が試すことになると思います。

当ブログ内の記事に、コラーゲンボール他のコラーゲン食品の紹介もまとめてありますので、そちらを参考に1週間おきの摂取にトライしてみて下さい。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック