スロージョギングで楽して痩せる!☆はなまるマーケット 2013年4月17日

s-Running-lady.jpg 
2013年4月17日のTBS系・はなまるマーケットで、『最新スポーツ科学の結晶!スロージョギング』が紹介されました。

【スロージョギングとは?】
「スロージョギングとは、笑顔を保ちながら歩くような速度で走る運動です。」
「この運動には通常のジョギングやウォーキングとは違う特うなコツがあり、それを守れば健康効果も期待できます。」
「私はほとんど3ヶ月で15kg痩せました。」
(田中 宏暁氏・福岡大学 スポーツ科学部教授) 

「スロージョギングは生活習慣病やご高齢の方、普段運動をしていない方でも無理なく続けられると思います。」(木庭 新治氏・昭和大学循環器内科)

スロージョギングは息が切れず疲れにくいのにも関わらず、心臓から送られる血液量が最大になり、脂肪が最も効率よく燃える

■実践している人の声
「体脂肪率が10%減りました!」
「体重が3ヶ月で13kg減りました!」

<スロージョギングの特徴>
・疲れずに走れる
・歩く速度で走れる
・笑顔で走れる

【スロージョギングのやり方】
1.フォアフット着地(指のつけ根あたり)を意識する。 
※普通はかかと着地。軽くジャンプして感覚をつかむ。フォアフットだとヒザと腰に負担がかからない。
2.歩幅は足のサイズの半分からはじめる。
※歩幅を広げるとスピード出過ぎ、体への負担が大きくなりがちなため。
3.走る姿勢はアゴを上にあげ背筋を伸ばす。
4.肩の力を抜き、腕は90度くらいに曲げて自然な感じで腕を振る。
※腕を大きく振るのは反動で速く走るためなので、スロージョギングでは不要。
5.呼吸は口を開け、鼻と口の両方で自然に息をする。
※ニコニコ笑顔で走れるスピードを保つ。
6.初心者のうちは、1日15分が目安。痩せたい場合は1日30分~1時間。

【スロージョギングのエネルギー消費量】
そこで、酸素摂取量の変化を測定し、ウォーキングとスロージョギングのエネルギー消費量を比べた。
被験者:年齢23歳 体重80kgの男性
■時速4km 5分間のウォーキングによるエネルギー消費量=143kcal/h 
■時速4km 5分間のスロージョギングによるエネルギー消費量=307kcal/h


【スロージョギングの健康効果】
●体重の減少
●高血圧の改善
●高血糖の改善

まさに良いことずくめですネ。
運動習慣の無い人やご高齢の方はもちろん、ある程度ハードなトレーニングをする前段階の基礎体力作りとしても有効だと思います。

田中宏暁先生のスロージョギング動画1
田中宏暁先生のスロージョギング動画2


はなまる出演時の動画


2013年5月25日の日本テレビ系・世界一受けたい授業でも取り上げられました。
この内容は下記記事にまとめています。
驚き!スロージョギング・ダイエットのやり方と効果☆世界一受けたい授業 2013年5月25日


スロージョギング健康法 ゆっくり走るだけで、脳と体が元気になる!

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック