アメカジとサーファー

s-Biommedh14538862_800x600.jpg


【ファッションと文化】
今以上に、ファッションは文化だって時代がありました。

特に70年代後半からのアウトドアファッションの流れ(サーフィン、テニス、スキー等)は、その当時のヤングを中心にライフスタイルにまで大きく影響しましたよネ~

ここではあまりマニアックな記述は避けますが、アウトドアファッションは皆が慣れ親しんでいるアメカジ系ということもあり、ちょっとアイテムやコーディネイトに気を遣うだけで手軽にオシャレ感が出せます。
ムラサキスポーツ等でシューズまでコーディネイトすれば、瞬時にしてサーファー・ボーダーの誕生です(^^)

好きなファッションの系統には、皆それぞれ好みがあるため、絶対にコレ!っていうものはないかと思いますが、手持ちの衣装との相性の良さも含め、万人受けするスタイルが多いと思います。

特に薄着の夏場~秋口にかけては、重ね着のテクニックも不要でオススメです(^^)v


【かっとびサーファー気分♪】
いつもと趣向が異なる動画をどうぞ!
多くの皆さんは、波乗りする、ジャンプする以外の映像を見ることはあまりないかと思うので、speedある走りがあることを知って頂ければ・・・

日本でも風さえあれば、どこの海面でもかっとんで走れます。
何故かっとべるかって?

余談ですが、ある一定速度を超えると海面とボードのボトムの間に空気の層ができて、海面から浮いた状態で走ることができるからです。車ではスリップする時にハイドロプレーニング現象と聞かれたことがあるかと思いますが、ウインドサーフィンの世界では、それをプレーニングと言います。
なんと言っても、このプレーニング状態に入るとストレスがぶっ飛ぶほどの爽快感があります(^o^)

フランス等では、サッカーの次に人気のスポーツだそう・・・
The Professional Windsurfers Association Slalom highlights Fuerteventura2009




【思い出の曲】
年前の映画『Life天国で君に逢えたら』も記憶に新しいところですね。
管理人は、主人公の飯島夏樹さんの活躍をずっと見てきただけにホント残念です(T_T)
■風の詩を聴かせて(桑田佳祐)



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


2011.08.21