BYE-10ダイエット実践3週間のレビュー(全体シェイプ編)

s-hiit workout1 
出典:greatist.com/
今回は2012年に発売された新しい切り口のダイエット法であるBYE-10ダイエットプログラムを、体験レビューという形で10月24日の記事に続いてご紹介したいと思います。
最初はきついと感じる人も多いと思いますが、確実に成果が出るダイエット法です。


【BYE-10ダイエットとは?】※商品パッケージに添付の解説書より
前回のおさらいです。
「健康的なトレーニング&運動効果を上げる燃焼系のサプリメント摂取」によって2ヶ月間で体重マイナス10kgを実現するプログラム。
内容は、パーソナルトレーナーの高良友之介氏考案のサーキットトレーニングと、新有酸素運動をミックスした新しいトレーニング理論を採用し、体脂肪を短時間で燃焼しつつ、基礎代謝量を増やすことにより短時間で減量することが期待できるというもの。
有酸素運動と無酸素運動を30秒ずつ交互に繰り返すことで、有酸素運動だけ行うことに比べ、短時間での脂肪燃焼が期待できるというもの。


【BYE-10ダイエット実践に際し準備して欲しいモノ】
・ジムでトレーニングするのと同様、体調が悪い場合は勇気を持って中止して下さい。
特に心肺機能に不安がある方は、事前に医師に確認をとられることをオススメします。
■用意するモノ

・厚めのマット  ヒザや腰を守るため厚めのモノがベター 
私はコレを使用しています。
鉄人倶楽部(IRONMAN・CLUB) トレーニング&ヨガマット(収納ケース付・ゴムバンド付) IMC-41 
・タオル スロートレーニング時は1枚(使うメニューがあるため) 
   以後は2枚(使うメニューに加え、大量に汗をかくため)
・女性の場合はスポーツブラジャー
Loopa ルーパ ナチュラルフィット ブラトップ【M】/ロイヤルブルー 
・16日目~の全体シェイプからはペットボトルに入れたスポーツドリンク

■参考動画
このようなエクササイズをいきなり行うのは、心配機能的に大変危険ですが、BYE-10ダイエットを終了された後、更に筋力、心肺機能共に鍛える場合の参考にして下さい。
BYE-10は基礎から徐々に、確実にレベルアップできるところが良いと思います。


【BYE-10ダイエット実践内容の一部紹介】
1.トレーニング
■初日~15日目
・スローサーキットトレーニング

s-bye-10-2.jpg

<初日~15日目までの感想>
運動(筋トレ)習慣の有る無しで感じ方は変わると思いますが、最初はスロートレーニングだけでもかなりきつく感じると思います。
ただ、1日目よりは2日目、2日目よりは3日目とインナーマッスル含めた筋力が付いてくるとその感覚は変わってきます。
要は毎日少しずつ『楽』になってくるのが実感できます。
この第1段階をきっちりと行うことで、本格的なトレーニングに必要な筋肉が得られることが実感できます。
脂肪燃焼系サプリメントのMERAを飲んでから行うこともあるのでしょうが、前半のメニューをきつく、後半はややクールダウン的なメニューになっています。
これにランニングやエアロバイクなどの有酸素運動を取り入れれば、ションリー式のダイエットと同様の効果が期待できると感じます。
1週間もすれば(1日5セットをしっかり行えるようになれば)、体重はそんなに減っていなくとも、身体が締まってきたと実感できるようになります。

■16日目~30日目
・BYE-10トレーニング(全体シェイプ)
<16日目~の感想>
この段階から、筋トレと有酸素運動をミックスしたBYE-10トレーニングに入ります。
一言で言うと最初は本当にきつい。
ただ、スローサーキットトレーニング同様、日に日に慣れてくるのが実感できます。
s-bye-10-3.jpg 
s-bye-10-4.jpg 
s-bye-10-5.jpg 
3週間経過した段階では、俗に言うところの身体が出来てくる感覚がわかってきます。

上記の3つ画像は一部の動きをわかってもらうために掲載しましたが、
1セット7分ほどのエクササイズですが、1セット行っただけで冬(暖房を入れていない部屋)でもこんなに汗をかくのかと驚かれると思います。
<オススメ速報>
2013年1月に行なわれたプロ野球・ジャイアンツの阿部選手率いるチーム(内海選手、坂本選手、長野選手他)のグアムでの自主トレでも、体幹を鍛えるトレーニングとして連続して行なう6つの動きの中に、この全体シェイプにある内容と同様の動きが3~4種類入っていました。

■31日目~45日目
・BYE-10トレーニング(前面シェイプ)
■45日目~60日目
・BYE-10トレーニング(背面シェイプ)

それぞれ1回5セット行うことを目安とし、2ヶ月間計画的にトレーニング(減量)するメニューになっています。
筋トレ要素、有酸素運動要素ともに強度が強くなってきます。
ただ、プログラムの進め方を守っていれば、徐々に体を鍛えられていますので、この段階まで来れば驚くようなつらさは少ないと思います。
 
2.MERA(脂肪燃焼系サプリ)摂取
1日1~2回トレーニングの30分前、もしくは起床直後や空腹時にスプーン1杯分(3mg)摂取する。
<MERA摂取の感想>
味にも違和感はなく、全く問題ありません。運動との相乗効果は目では見えませんが、ショウガの成分もはいっているせいか、汗をかきやすくなるのは間違いないと思います。

3.食事
管理栄養士の三城 円(さんじょう まどか)さん監修のダイエットメニューが紹介されています。
基本は、朝多め(500~600kcal)、昼普通(500kcal)、夜少なめ(350kcal)が基本となっています。
<食事の感想>
3食このカロリーを徹底するのは大変でしょうが、吉川メソッド、ライザップ始め、糖質を中心に更に厳格に制限されていることを思うと、さほど苦痛に感じることはないかもしれません。
体重減少のスピードを早めたいなら守ることは重要ですネ。


【BYE-10ダイエット実施後の私の体重、体脂肪の変化】
毎日実践することで効果は確実に出ます。
■3週間経過時点
体重は3週間でマイナス4.2kg
体脂肪率はマイナス3.1%
ここまではランニング等の有酸素運動は無し。
3週間のうち2週間がスローサーキットトレーニングであったこと、筋肉がついての体重であることを考えると、2ヶ月でマイナス10kgは嘘ではないと思います。


この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック