北出式ビジョントレーニングのやり方☆アカルイミライ 8月19日

s-technology-training-vision-eye_20120819234142.jpg   
出典:geninv.net

2012年8月19日のTBS系・アカルイミライの番組内で、眼力アップで運動能力が良くなるビジョントレーニングが取り上げられていました。
紹介されたのは眼の能力アップを目的としたトレーニングを行う専門家で、オプトメトリストである北出勝也氏。
オプトメトリストとは、アメリカで100年以上の歴史を持つ権威ある国家資格。
日本でオプトメトリストの資格を有する人はごく少数だそう。


【ビジョントレーニングとは】
眼を動かすだけの簡単な短時間のトレーニングで、読み書きや運動能力が飛躍的に向上する。
「全然難しくないです。1日5分で十分な効果が期待できます。」(北出先生)
「眼を動かすことで、脳の前頭葉が活発に働いてくる。」 
前頭葉とは、考えたり身体を動かすための指令を出す脳全体の最高司令官。前頭葉と眼は密接な関係にあるため、眼を鍛えれば脳の力もアップするという。

読売巨人軍のトレーニングにも組み込まれています。
2軍の練習では、朝ボールを扱う前のウォーミングアップの中に、眼の準備運動として3分間のビジョントレーニングをしているそう。
「飛んでくる打球の前後の感覚が見えやすくなった。」(橋本到外野手)
「捕れなかった打球が捕れるようになったり、反応が速くなった。」(中井大介内野手)


【ビジョントレーニングの3つの基本動作】  ※1日5分でOK! 
1.動いているモノをとらえやすくするエクササイズ
(1)顔を動かさずに動いている指先を眼で追いかける
(2)1周したら今度は反対歩行に回す。30秒かけてゆっくり行う
s-vision training1 
2.視野を広げるエクササイズ
(1)顔を動かさずに眼だけを左右に動かす
(2)1秒ごとに視点(①左右、②上下、③斜め)を変え、30秒間繰り返す
<ポイント>
・顔を動かさず眼だけを動かす
・1秒ごとに視点を変え、30秒間行う
・指と指の間は40cm~50cm離す
s-vision training2 
3.眼のピントを合わせるエクササイズ
(1)離れた対象物を見て、その視線上伸ばした指の爪先に視点を移す
(2)両目で指先を見つめながら顔に近づける。指が二重に見えたところで止める
<ポイント>
30秒かけて指をゆっくり動かしながら繰り返す。
※遠くのモノから近くのモノにしっかりピントを合わせる力がアップする。
s-vision training3 

【ビジョントレーニングの効果】
ビジョントレーニング後に動体視力マシンで効果を試したところ、
・TKO・木下さんは動く光への43回のタッチから70回へ大幅にアップ!
・アズマックスさんは79回から90回へ
5分のエクササイズで明らかに効果が出たことを皆さんが実感している様子。
その他
・本が速く読めるようになる
・文字がきれいに書けるようになる。

1回5分で効果があるということですから、これは是非取り入れたいですネ!

■北出勝也氏監修 ビジョントレーニング体操



発達障害の子のビジョン・トレーニング 視覚を鍛えて読み書き・運動上手に! (健康ライブラリースペシャル)


この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック