きくち体操で意識して体を動かして若返り!☆アカルイミライ 8月5日

s-dressing-tips-older-women.jpg 
出典:every1liket.com

2012年8月5日のTBS系・アカルイ☆ミライの番組内で、100歳まで若く美しく生きる『きくち体操』が紹介されていました。

きくち先生の指導が受けられる関東近郊に24カ所ある教室は3,000人を超える生徒数を誇るとか・・・
体操するだけで体が若返ると評判になり、生徒数はうなぎのぼり!
教室で指導を受けられている生徒さんは皆、異口同音に「以前より若くなっている」と言われていました。 

【きくち体操とは】
「最後まできちんとこの体で生きるという、そのためのエクササイズなんです。」
「健康で美しい100歳に私達はなれるんです。」(菊池和子さん)
・きくち体操は菊池和子さん(78歳)考案のエクササイズ。
・菊池さんは日本女子体育短期大学を卒業後、体育教師を経て『きくち体操』を創始。
・レッスンは週1回90分
・体の様々な間接を伸ばすストレッチや関節をゆっくり回す運動などに特に時間をかけて行う。
・頭で意識しながら体の様々な場所を動かすことで、脳と体の両方を活性化できる。

一般的な体を鍛えるためのエクササイズとは異なる体を意識するエクササイズ。
「動いてるってことは生きてるってことだから、動いてないところ、動かしてないところから死んでいく。」(菊池和子さん)

【きくち体操の例】
■足と腕を一直線にのばす体操
つま先から手の先までを意識し、体の柔軟性を高める。
s-akaruimirai08051.jpg
 
 ■足指の握力を使う体操
互いにがっちりと握り合うことで、足の指と足の裏の感覚を目覚めさせる。
s-akaruimirai08052.jpg
 ■両手をアゴの中に入れる体操
普段は意識しないアゴの関節を動かすことで、アゴと脳を活性化させる。
s-akaruimirai08053.jpg 
体全体を意識し動かすことで、体の隅々まで活性化し、細胞自体が若返ってくるという。


【家で簡単にできる100歳まで元気に生きるきくち体操】
「きくち体操は意識をして動かす体操なんです。ただ形で動かしているのとは違い、血液の流れが足の指先から手の指先まで全身に行き渡るんです。ただ動かすのでは無く、意識をすると全然違います。」

[全身を鍛える立ち体操]
①両腕を地面に平行に肩の高さまで横に上げ、足は肩幅に合わせて広げる
②お腹とお尻、足の指先に力を入れる
全身の筋肉を意識しながら、腕を横に伸ばしたまま両腕を交互に前後にねじる
「ねじりに合わせて効いている箇所に意識を収集させると、その筋肉が生き返ってきます。」
(菊池和子さん)
s-akaruimirai08055.jpg 
[美しい姿勢を保つ体操]
「まっすぐにちゃんと立つには相当の筋力がいるわけです。」
「そのためにもお尻は小さいのでは無く、赤身で大きい方がいいんです。霜降りとか脂身では支えられないんです。」(菊池和子さん)
①床にうつぶせになり、両手は重ねて甲が額に来るようにし、お尻を意識し足をゆっくり交互に持ち上げる
②足を上げる時、ヒザを伸ばすとお尻がさらにしっかり締まる
s-akaruimirai08056.jpg 
[足を元気にする体操]
①自分で足の裏から足指を伸ばし、手の指を絡める
指先を意識させて足と手で握手するようにしっかり握り合う
③足と手をしっかり握り合わせたら、手の力を抜き、足首を意識して足首の力だけでしっかり回す
「私達人間の身体は老いてはいきますが、ちゃんと使い切って終わるっていう風にできるはずなんです。」
s-s-akaruimirai08058.jpg  
[ぽっこりお腹を直す体操]
①足の付け根の所からお腹をしっかりとつかむ
②しっかりつかむとここがお腹だって事を脳が分かるようになり、自然にへこもうとする。
s-s-akaruimirai08057.jpg 
 「ちょっとした時に意識しながら体を動かすだけで若返り効果もアップします。」(菊池和子さん)

どの体操(エクササイズ)も普段しないような動きでもあり、アンチエイジングのための運動としてだけでは無く、若い世代も取り入れると良さそうです。

きくち体操教室案内


100歳まで若く美しく! きくち体操 (TJMOOK)

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック