GETTAMAN(ゲッタマン体操)・肩を動かすだけのストレッチで痩せる手抜きダイエットのやり方・効果☆スタードラフト会議 7月31日

s-stretch.jpg 
出展:mymoneytrack.com

2012年7月31日の日本テレビ系・スタードラフト会議の番組内で、ゆずの北川悠仁さんも認めた!!ダイエット界の奇才といわれるGETTAMAN(ゲッタマン)先生が紹介されていました。
ゲッタマン先生が推奨するのは肩を動かすだけの手抜きダイエット!
ゲットマンと間違われる方も多いようですが、名前の由来である『ゲッタマン』が正解です。

【ゲッタマン 呼び名の由来】※TBSラジオ出演時のゲッタマンコメントより
・ゲッタマン先生の本名は竹ノ内 敏さん。1965年屋久島生まれ。
・元はNTTの、それも最初はエリート部門に所属するサラリーマン。
民営化1年目に入社し、25歳の時NTT本社の労働部という36万人の中の100人ほどしかいない超エリート部門へ抜擢され、年金数理人という公的年金の一元化へ向けた数学のエキスパート養成の仕事に就いた。
名刺が出来るとすぐ、当時大蔵大臣であった自民党・橋本氏(故人)とも名刺交換をした。

・名前の由来はNTTサラリーマン時代の15年前、ホノルルマラソンにたまたま羽織・袴・下駄(げた)の姿で走った。
翌年、ホノルルマラソンに出るためにホノルル空港に到着した際、なんとホノルルマラソンのポスターにタイトル『GETTAMAN』、サブタイトル『ゲッタマンにホノルルマラソンで出会えたら、来年幸せが訪れる!』と、ホノルルマラソン関係者(現地の人)がご本人の了解もなくゲッタマンの走っているシーン(写真)や勝手にタイトルつけて作成・掲示していたことが判明。
それがきっかけでゲッタマンと名乗ることになったそう。
以後、引くに引けなくなり、羽織袴姿を継続して15年連続でホノルルマラソンを走り続けている(すべて完走)。

・NTTのエリート分で仕事をするうち、「俺、このままでいいのかな?」と将来に疑問を持ち始めた頃、雑誌『TARZAN』主催のトライアスロン大会に出場し、なんと優勝してしまう。
その後モデルも務めた雑誌『TARZAN』を見たNTTの当時の幹部から、「数学は出来ないのにこんなことは出来るのか。こういう(事が出来る)ところへ行きたいのか。」と言われ、「行きたいです!」(ゲッタマン)
・かくして、NTTの健康増進施設であるフィットネスクラブの支配人に。
「お前、何しに来たんだ?なんで超エリート部門からグループ企業の一社員になんかになって。」との言葉に対し、「高い志を持って参りました。」(ゲッタマン)
・その後、そのNTTグループ企業のフィットネスクラブの業績を飛躍的に伸ばし、今から13年前の1999年に独立。
「今でもNTT本社で学んだことが、HUMAN ARTISTの(考え方の)根っこにあります。」(ゲッタマン)

今ではゲッタマン(先生)にパーソナルトレーニングを依頼した場合、なんと2年待ちだとか。
顧客には芸能人やスポーツ選手が多く、ゆずの北川さんとは7年もの付き合いというから、その信頼の高さがうかがえます。


【肩甲骨を動かすと何故痩せるのか?】
ゲッタマンの講演(NTT時代含め約22年間)における参加者とのやりとりの中で、身体のどこが凝っていますか?との参加者への問いかけたところ、約95%以上の人が「肩が凝っています。」と答えたそう。
そうして、最初は肩こり解消を目的に開発されたエクササイズがゲッタマン体操!
講演後、そのゲッタマン体操を1ヶ月、2ヶ月実践した人から、10kg、20kg体重が減ったことを聞かされる。ついには3ヶ月で35kgも痩せた人が出てきた。
理由を確かめるべく肩甲骨周辺筋群にフォーカスをあて、褐色脂肪細胞の存在に気づいて重点的に研究すると、脂肪燃焼に効果があることが判明した。
「日本人の平均体温が36.8℃→35℃くらいに低下してきています。体温が1℃下がると免疫力が30%低下し、脂肪を燃やす力も12%低下します。」(ゲッタマン)
ゲッタマン体操は肩こりはもちろん、脂肪を燃焼させる意味でも有効なエクササイズであることを確信したそう。


【ゲッタマン式肩を動かすだけ手抜きダイエットとは?】
ゲッタマン先生の提唱するダイエット方は、肩甲骨と肩甲骨の間の褐色脂肪細胞という部位を活性化させることが重要。ゲッタマン先生はダイエット細胞と呼んでいる。
デスクワークや運動不足が原因で、多くの人がダイエット細胞が刺激されにくい猫背になっているという。


【褐色脂肪細胞とは?】(2013年1月29日テレビ東京系・L4YOUで紹介)
人の脂肪細胞には2種類ある。
一つは白色脂肪細胞で、脂肪をため込む性質がある。
もう一つが褐色脂肪細胞で、脂肪を燃焼しエネルギーに変える性質があるという。
「褐色脂肪細胞というのは、ミトコンドリアという細胞小器官が非常に豊富です。白色脂肪細胞に比べて1000倍あると言われているもので、要するにエネルギーの発電所みたいな働きを持っています。」
「あかちゃんは褐色脂肪細胞が多いと言われていて、成人では首周り、肩甲骨周辺や脇の下とかに分布しています。」(ウエルネスササキクリニック・医学博士 佐々木 巌氏)
s-GETTAMAN L4YOU1 s-GETTAMAN L4YOU3        
「褐色脂肪細胞(ダイエット細胞)が活性化すると、脂肪燃焼効果が一気に上がってきます。」
「肩甲骨の位置を正常に元に戻すことがダイエットのポイントです。」(ゲッタマン先生)

 ■一般の肩甲骨
肩甲骨とその周りの筋肉をなめらかに動かすとダイエット細胞が十分に刺激される。
※黄色の部分がダイエット細胞(褐色脂肪細胞)
s-star draft gettaman2   
■猫背の肩甲骨
肩甲骨が広がった状態で筋肉が固まり、ダイエット細胞が刺激されにくくなる。
s-star draft gettaman3   

●10秒間で肩甲骨を柔らかくするストレッチ
サポートする人(専門家)がいれば被験者は腕を前に動かし、後ろのサポーターは後ろに引きます。
1回10秒実施。
これをピースの又吉さんが試したところ、ストレッチの前後では肩甲骨の可動域に大きな差が。。。
s-star draft gettaman4 s-star draft gettaman5    
後ろで腕を合わせようとするとビフォーアフターで肩の可動域にこれだけの差が。。。


【ゲッタマン体操(肩甲骨ダイエット)のやり方】

[ゲッタマン体操No.1]
①頭の上(耳の一直線上)に腕を伸ばして手のひらを合わせる 
s-star draft gettaman6   
②息を吐きながら胸を張った状態でヒジをゆっくりと下ろす ※そのとき手のひらは外向き 
s-star draft gettaman7      
③息を吸いながら手を頭の上へ戻す
s-gettaman3.jpg  
※これを10回繰り返す。


[ゲッタマン体操No.2]※四十肩や五十肩など肩が上がらない人向けの体操
①両腕を「前にならえ」の状態のように胸の高さまで上げる ※そのとき手のひらは地面を向いている
s-star draft gettaman8   
②息を吐きながらヒジを地面に平行にまっすぐ引く ※地面から水平をキープ
s-star draft gettaman9 s-star draft gettaman91       
③息を吸いながらゆっくりと戻す 
   
※この一連の動きを10回繰り返す。
 

[ゲッタマン体操No.3]
①腕を伸ばして手を前で交差させる。このとき右手手の平は右、左手手のひらは左を向かせる 
※右手の親指を左太ももの付け根につくように、左手の親指は右太ももの付け根につくようにセットする。
s-star draft gettaman92    
②息を吐きながらクロスした手を、小指でリードするように頭の上へ上げる
s-star draft gettaman93 s-star draft gettaman94       
③手のひらを内側(右手手のひらは左向き、左手手のひらは右向き)に向け、胸を張り後ろへ引っ張るように広げてながら腕を下ろす。この時ヒジはできるだけ曲げないように
s-star draft gettaman95 s-star draft gettaman97       
④息を吸いながら、今度は親指でリードするように手を元の位置に戻す
s-star draft gettaman96      


[ゲッタマン体操No.4]
①ヒジを曲げた状態で、頭の上で手のひらを合わせる
s-star draft gettaman98   
②息を吐きながらそのまま合わせた手のひらを後ろ方向にもっていく ※指が地面と平行になる感じ
s-star draft gettaman99    
③息を吸いながら元の位置に戻す
s-star draft gettaman991   

これらゲッタマン体操1~4を毎日朝晩5分間行う。
食事制限しなくても脂肪燃焼効果が高まる。

s-gettamn new pic1 
出典:chatelaine.com
【ゲッタマン体操実施1ヶ月の効果】
お笑い芸人の我が家・杉山さん(35歳)が被験者となってゲッタマン体操を1ヶ月試したところ、食事制限無しではっきりと効果が出ました。
[ルール]
・ゲッタマン体操1~4を朝晩5分ずつ行う
・朝食にフルーツを食べる
・その他の食事(量)制限は一切無し

人が最も脂肪を燃焼しやすい時間は午前4時~正午あたり。
朝フルーツを適量食べると、脂肪を燃やす酵素が活発になる。

●体重87.2kg→80.3kg       マイナス6.9kg
●ウエスト115cm→102cm マイナス13cm
運動を一切せず、食事制限も無しでこの結果はスゴイですネ。
s-star draft gettaman992   

ロングブレスダイエットと組み合わせるのもいいかもしれません。
美木良介さんもロングブレスウォーキングで、腕を引いて肩甲骨を意識することをいわれていました。

GETTAMANオフィシャルサイト
ア~ロ~ハ!

追記:その後のテレビ出演状況
・8月21日のスタードラフト会議にゲッタマン氏再登場!
くびれをつくるドローインのやり方を紹介してくれました。
詳細は下記記事にまとめましたので、そちらをご覧下さい。
ゲッタマン式ドローインでくびれゲット!ゲッタマン式ドローインのやり方と効果☆スタードラフト会議 8月21日

・9月11日のスタードラフト会議に三度登場!
朝晩5分で小顔になるエクササイズを紹介してもらえました~
ゲッタマン式5分で出来る小顔法のやり方!☆スタードラフト会議 9月11日

・2012年10月2日(火)のテレビ朝日系・モーニングバードや翌10月3日(水)の日本テレビ系・PON!で取り上げられました。

・2013年1月29日(火)は、同じ日になんと2番組に登場されました。
フジテレビ系・ノンストップ!(朝9時55分~11時30分)
テレビ東京系・L4YOU(夕方4時~4時52分)
テレビ各局での取り上げ方からみると、骨盤枕やロングブレスダイエット並みにまだまだブームは続きそうですネ。

【ゲッタマン式ロコトレ(股関節の強化)】(2013年1月29日テレビ東京系・L4YOUで紹介)
ロコトレとはロコモーショントレーニングの略称。

 骨・関節・筋肉などの運動器を衰えさせない運動のこと。
ロコモティブシンドローム(運動器機能不全)といった、骨や関節、筋肉の衰えにより介護を必要とする状態を解消させること
を目的としている。
ちなみに介護が必要となった原因のうち、運動器疾患が23%にも及ぶそう。
s-GETTAMAN L4YOU4  
①足は直立の状態から前に大股で踏み出して戻す。両腕を左右に開き、状態を足と逆方向にひねる。
②戻したら①逆の足を前に出して同様に体をひねる。
③これを10回繰り返す。
「股関節の一番大きな筋肉に対してアプローチをかけてますので、ほんと簡単なんだけれどもけっこう汗をかきます。(ロコトレを)週に3回~4回入れつつゲッタマン体操もやれば完璧です。」(ゲッタマン先生)
■上記股関節の強化の動きが確認できるサンプル動画
 

2013年5月31日のフジテレビ系・『人生の正解TV これがテッパン!』にゲッタマンが出演されます。
デヴィ夫人のダイエット挑戦の模様が放送されました。
2013年6月23日の日本テレビ系・『行列の出来る法律相談所』で、東進ハイスクールの林修先生が日頃の健康法としてゲッタマン体操を取り入れていることが紹介されました。
s-20130626181729190.jpg  

■ゲッタマン著書最新刊!
 
ゲッタマン体操でやせる! 

この記事へのコメント

川島 : 2014/04/28 (月) 17:53:37

【トレンド面白情報紹介ブログ♪】運営者 様

初めまして、川島と申します。
様々な分野でのメディア運営や大手企業様のWebプロモーションなどのサービスを提供している会社で勤務しております。
このたび、貴媒体から有料でリンク設置して頂けないかご相談をさせて頂きたくご連絡差し上げました。(相互リンクが難しいため)

弊社は現在、クライアント様のウェブプロモーションをしております。
現時点ではクライアント名を述べることはできませんが、世間一般に名の通った大手企業様です。

そこで、有料契約にて貴媒体からのリンク設置をお願いしたくご連絡差し上げました。
貴媒体は有用な情報を掲載されており、是非リンク設置をお願いしたいと考えております。
クライアントも、貴媒体からの広告掲載・タイアップを熱望しております。

アフィリエイト会社を通さない掲載となりますので、貴社にとっても金額面等を含めて『良い条件』をご案内できるのではないかと考えております。
是非、掲載位置や料金等のご相談をさせて頂ければと考えておりますが、ご意向をお知らせ頂ければ幸いに存じます。
誠にお手数ではございますが、ご返信は下記連絡先にご連絡頂きますようお願い致します。
E-mail: ik-web@outlook.com  川島
(メールアドレス自動収集ロボットなどの対策のため、上記メールアドレスには全角の「@」を記載しております。
 お手数ですが、お返信の際は半角の「@」に変更してください。)
 
何卒宜しくお願い致します。

管理人のみ通知 :

トラックバック


>> from
>>READ

2012.08.02