横手貞一郎式チューブ・ダイエット(エクササイズ)のやり方☆きれいの魔法 5月12日

kireinohamahou-.jpg
出典:横手貞一郎氏オフィシャルブログより

5月12日のNHK・きれいの魔法にて、先週の深イイ話に続いてパーソナル・トレーナーの横手貞一郎氏が取り上げられていました。
今回は著書も出ているチューブを使ったエクササイズ(ダイエット)です。
当ブログでもすでに紹介していますが、モデルの道端カレンさんをはじめ多数の有名人のパーソナルトレーナーとして、美しいボディライン作りをサポートしています。


【横手式チューブ・ダイエット(チューブ・エクササイズ)】
気になる部分が確実に引き締まり、Tシャツが似合う身体に!

用意するモノ:チューブ(直径1cm  長さ160cm程度) 
下段に紹介している横手氏の著書『美しく痩せる!チューブ・ダイエット』の付録としてもついています。

「ただ細いだけではなく、いい姿勢をキープしていて、さらにほどよく筋肉をつけた引き締まった身体にすることが重要です。」(横手氏)
ポイント①:すっきりとした首と肩のラインを目指す。

        耳の後ろのくぼみから同じ側の肩のとがっている部分までの距離がすーっと出ること。
        加えて耳の付け根から鎖骨の真ん中までの距離が出るとすーっとスッキリして見える。
        きれいに伸ばす感じ。
ポイント②:引き締まった背中を目指す。
        左右の肩甲骨をしっかりと内側に引き寄せる筋肉を付けることが重要。
        また、さらに背中の美しさを目指すため、首・背中・腰のラインが
        緩やかなS字カーブをキープするような姿勢を意識する。
ポイント③:きれいに開いたデコルテを手に入れる。
        鎖骨が床と平行になるようしっかりと開くと、バストもぐっと持ち上がる。
ポイント④:すらりと伸びた二の腕になる。
        後ろから見ると肩甲骨の付け根から、前から見ると鎖骨の真ん中から伸びるように
        コントロールすると、手がすらっと太く見えずに細く使え、見た目もきれいになる。

<注意事項>
・エクササイズ中に痛みが出たりした場合は迷わず中止する。
・食後1時間くらいはエクササイズは控えるようにする。

[チューブエクササイズ 背中A]
腕を上下させて背中全体を引き締めるエクササイズ!
①かかとと膝を付けてまっすぐ正面を向いて立ち、チューブはたるまないよう肩幅よりやや広げて左右の手に持つ
②鼻から息を吸いながら両腕をまっすぐ頭の上に持ち上げる
③息を吐きながら腕を左右のひじがそれぞれの脇腹の後ろあたりにつき直角になるように下ろす
肩甲骨を内側に寄せる意識で10回を目安として行う。
<ポイント>
・両ひじを直角にして、身体の後ろまで下げる。
・首から肩のラインはできるだけしっかりと伸ばす。
・②の姿勢の時、チューブが身体(背中)につかないように注意する。
・腕を下ろす際に肩をすくめないようにする。

[チューブエクササイズ 背中B]
チューブを横に伸ばす動きで、背中さらに引き締めるエクササイズ!
①鼻から息を吸い、チューブを身体の後ろに回したところからスタート。背中Aのエクササイズの③の状態
②息を吐きながら両手を左右に伸ばしてチューブを引っ張る
呼吸に合わせてまっすぐ左右に10回を目安に行う。
<ポイント>
・慣れないうちは、身体に負担のないようチューブはややゆるめに持つ。
・首から肩のラインをできるだけしっかりと伸ばす。
・②の動作をする際、二の腕をすっきりさせるため、前から見ると鎖骨の真ん中から腕が伸びる意識を持つ。
   肩から先を伸ばす意識とは10cmくらいよく伸びる。 
・②の状態でもチューブが背中につかないようにする。
・引くときはしっかりと肩甲骨を内側に寄せる意識を持つ。
・肩をすくめて腕が身体より前に出ないよう注意する。

チューブの端は10cm~15cm三つ折りくらいにして持つ。※自分に合ったサイズに調整する。


■MXTVに出演時の同様のエクササイズ。AとBのエクササイズはズバリ確認頂けます。


[チューブエクササイズ 後ろ脇~二の腕の裏側の筋肉を引き締める]
すらりと伸びた二の腕を目指すエクササイズ!
①チューブの端を左足のかかとで踏んで固定する。先端が左足(靴)の横から5cm程度出る感じ
②反対のチューブの端を右手で持ち、左足の内側からお尻~背中をまっすぐ通り、
   右手を首の後ろの付け根まで持ってくる。右ひじの先端が右側頭部やや後ろにつく感じ
   チューブのテンションは少しゆるいくらいにする。にぎり拳の中で長さを調整する
③息を吐きながら手首を曲げた状態で片腕をまっすぐ頭の上に伸ばす
④息を吸いながら右手が元の首の後ろの付け根に来るよう戻す
左右各上下を1回として20回を目安に行う。
反対側も同様に20回を目安に行う。

<ポイント>
・肩甲骨が腕の起点になっていることを意識する。
・肘から先を上下させる間、腕(肩~ひじ)が耳より前に出ないようにする
・腕を上げたときの手首を曲げた状態のグリップは、少し内側(右手の場合左側)にすると
   前腕から二の腕が伸びやすい。
・骨盤から伸ばした手の先までがつながっているイメージで行う。

「皆それぞれ目的があると思うので、トレーニングだけを目的にするのではなく、トレーニングを続けていってその先にどんな楽しいことがあるのかを自分のイメージでかぶせていく。ただ頑張るのではなく、これをやれば楽しいことが起こるんだという意識でいくことがとても重要です。」
「生活習慣に一つでも良いのでエクササイズを取り入れてください。」(横手氏)


チューブ・ダイエット(エクササイズ)に関して詳しい内容が確認できます。


美しくやせる! チューブ・ダイエット 【特製チューブ付き】メリハリBODYが簡単に手に入る! (扶桑社ムック)

今回のエクササイズの内容がそのまま確認できるきれいの魔法5月号

きれいの魔法 2012年 05月号 [雑誌]

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


>>まとめtyaiました【横手貞一郎式チューブ・ダイエット(エクササイズ)のやり方☆きれいの魔法 5月12日】 from まとめwoネタ速neo
出典:横手貞一郎氏オフィシャルブログより5月12日のNHK・きれいの魔法にて、先週の深イイ話に続いてパーソナル・トレーナーの横手貞一郎氏が取り上げられていました。 今回は著書も出ているチューブを使ったエクササイズ(ダイエット)です。 当ブログでもすでに紹介して... >>READ

2012.05.16