小林弘幸先生の便秘解消に効く副交感神経の上げ方&セル・エクササイズのやり方☆アカルイミライ 7月29日

s-woman_sky.jpg 
出典:blacklinepower.com

2012年7月29日のTBS系アカルイ☆ミライの番組内で、予約が殺到している専門外来スペシャル!と題して便秘外来等でも有名な順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生が登場されていました。

小林弘幸先生は1996年に便秘外来を日本で初めて設置する等、今や年間4千人の患者を治療する腸のスペシャリスト。今も予約は3年待ちだとか・・・
診察を受けた患者のうち95%が便秘を克服。
小林先生にかかっている患者数から推計すると、日本人の中で約2,000万人は便秘に悩んでいる可能性もあるそう。
「便秘がひどくなると、便がたまり過ぎて吐き出すとか、体からの便臭や口臭がきつくなる等、放っておけない重要な症状です。」(小林弘幸先生)


【便秘のタイプ】
1.腸のぜんどう不全型・・・腸の動きが低下し、便を押し出す力が弱まる。 
2.直腸・肛門型・・・腸や肛門の機能の低下によって、排便を起こすための情報・合図が脳に送られない。
3.ストレス型・・・精神的な原因で腸が正常に働かない。
「この3つのタイプに共通していることは、自律神経の活性化が落ちていることにあります。」
(小林弘幸先生)
自律神経は興奮モードをつかさどる交感神経とリラックスモードをつかさどる副交感神経の2つで構成されている。
このうち腸の働きをコントロールしているのが副交感神経。
副交感神経が上がらないと便秘になりやすいとか・・・


【副交感神経が上がらない生活習慣上の問題】
<血液の巡りが悪くなることで副交感神経が上がりにくくなる。>
・運動不足 
・座り仕事が多い
・睡眠不足
・ストレス

【副交感神経を上げる方法】
(1)呼吸法(吸う長さの倍で吐く)
お腹に手を当てて、鼻で4秒間吸って口をすぼめてゆっくり8秒間で吐いていく 
そういえば、7月20日の金スマで紹介されたロングブレスダイエットでも、お通じが良くなったとアシガルユースの川崎さんが言われていましたネ。
(2)笑顔を作る
口角を「ニッ!」と上げただけで副交感神経が上がる。笑顔は副交感神経を上げてくれる作用がものすごく強い。作り笑顔でも良い。人は怒っているときは実はほとんど呼吸を止めている。「ニッ!」ってするだけで呼吸をしている自分に気づくほど。
(3)朝1杯の水を飲む
(4)お風呂でマッサージ
(5)1日30分歩く


番組では便秘に悩む男性1名、女性2名に副交感神経を上げる方法を実践してもらったところ、
便通の改善が
4日に1回→1週間に4回(37歳 主婦・パート)
1ヶ月に2回→1週間に3回(34歳 専業主婦)
1週間に1回→1週間に4回(46歳 男性会社員)
「小林先生の指示がきっちりしていて、その通り実践すれば結果が出るということで、今回外来に行って良かったと思います。」(34歳 専業主婦)

【便秘に劇的効果!とっておきの便秘解消メニュー】
●はちみつキウイヨーグルト
<作り方>
・プレーンヨーグルト200g
・キウイ半個分
・はちみつ大さじ1杯分
「ヨーグルトというのはお腹の中の善玉菌が多く含まれているのですが、その善玉菌にはエサを与えないと活躍してくれない。金というのはペットみたいなモノでエサを与えてあげないといけないんです。そのエサがキウイとはちみつなんです。善玉菌は48時間すると体外に出て行ってしまうので、継続して食べることを勧めます。」(小林弘幸先生)


便活ダイエット ~便秘外来の医師が教える、排便力がアップする11のルール~ (美人開花シリーズ)


【副交感神経を上げる超簡単セル・エクササイズの効果】
「副交感神経を上げて血流を良くする動きなんです。セルというのは細胞という意味で、細胞の一つ一つにどれだけ質の良い血液を十分に流し込むためのエクササイズです。」(小林弘幸先生)
●便秘解消
●ダイエット
●免疫力アップ
●アンチエイジング
●ストレス解消
●仕事などのパフォーマンス向上

【セル・エクササイズのやり方】
1.脱力ひねり運動
①手は下ろしたまま足は肩幅に広げ立つ
②太ももとふくらはぎに力を入れ、つま先を上げて正面を向いて立つ(緊張状態を作る)
s-datsuryoku1.jpg 
③ここから一気に体を左右にひねるよう(揺らすよう)にしてヒザを曲げる(一気に脱力する)。この時、ヒザを曲げるのと同時にかかとは地面に着く
s-datsuryoku2.jpg 
※この運動を8回繰り返す

2.手首ロック回旋運動
遠くのモノをつかむようなイメージで。
①腕を伸ばして手首のところで交差させる ※ヒジはしっかり伸ばすことがポイント
s-kaisen1.jpg 
②手のひらをグーパーさせながら腰から体を大きく回す
s-kaisen2.jpg 
「このエクササイズを行うことでかなり血流量も上がります。ちなみに小中学生が50m走や幅跳び等の準備運動でこの動きをすることで、記録が向上するという結果も得ています。」(小林弘幸先生)


便秘・ダイエット・不眠・ストレスに効く! ! セル・エクササイズ (学研ヒットムック)

| NEXT≫